スキー初心者に必要な滑りの基礎

毎年、スキー場の運営開始を耳にすると、本格的な冬の到来を実感します。
スキー未経験者の私は、最近スキーをしてみたいと思うようになりました。
そこで、スキー初心者に必要な滑りの基礎を紹介します。

新しい事を始める際、まずしっかりと基礎を覚え、少しずつ応用を利かせていくことが大事です。
スキーも基礎ができれば、比較的短時間で中級や上級コースに挑むことが可能になります。

まず基本中の基本の滑り方が、板を八の字にして滑る「ボーゲン」です。
ボーゲンは足の開き具合でスピードを加減しやすいので、「板に乗って滑る」感覚を掴むのに最適な滑り方です。
八の字に開いた板先は、拳が1.5〜2個入る程度開き、板が重ならないようにします。
それから、軽くイスに腰をかけるようにゆっくりと腰を落とし、この姿勢を維持しながら斜面をまっすぐ滑ります。
板が滑り出してからどちらか一方の足に重心を置くと「シュテムターン」ができます。

シュテムターンを習得したら、次は「パラレルターン」です。
シュテムターンは板をハの字のままターンしましたが、パラレルターンは板を平行に揃えてのターンです。
滑りに慣れてくるとスピードを出す為に、ハの字から徐々に板が平行に揃う「パラレル」になって来ますので、この状態からターンをすれば自然とパラレルターンが習得できます。

滑り方を習得しても、止まれなければ未完成です。
ボーゲンの場合、八の字をより大きな末広がりになるよう広げると減速します。
パラレルの場合、スピードが出ると八の字では止まれないので、板を一気に直角に回転させ二の字で止めます。
最初はスピードを弱めて繰り返し止まる練習をしましょう。
何度も何度も滑って転ぶことで、うまく滑ることができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です